.

保育園・幼稚園での和太鼓指導で大事な事

りょう先生こと和太鼓奏者の大橋亮介です。
りょう先生の和太鼓教室では、単発の和太鼓体験、継続的な和太鼓教室も受け付けております。
どちらの場合も3つの大事な事、3つの使命を常に持ちながら行っております。

まず1つ目は…

“和太鼓の楽しさを伝える”


和太鼓の楽しさとは僕が体験してきた、みんなで太鼓をする楽しさです。これを体験してもらいます。
この為には〔自分⇔太鼓〕の関係だけではなく、〔自分⇔みんな⇔太鼓〕の関係を築ける様にします。
例えば、難しいリズムを一生懸命するだけでしたら、〔自分⇔太鼓〕の関係だけで終わってしまいます。その姿は一生懸命な姿で素敵なのですが、それってみんなでする必要があるのかな?って思っちゃいます。だからといって簡単なリズムばかりはしません。狙い目はクラスで数人がすぐできて、ちょっと難しく感じる所です。

2つ目は…

“やりたい事をできる様に応援する”


あくまでも応援する立場です。やりたい!と思える事を提供し、それをできる様に応援します。
子ども達にとって和太鼓をする理由は、“やりたいから!”しかありません。

3つ目は…

“自分が1番楽しむ”


なんだ自己満足か?って思われるかもしれませんが、和太鼓の楽しさを伝えるならまずは自分が1番楽しむ事が大切なんじゃないかなと思います。形としては伝えるより『伝わる』の方が正しいかもしれません。これを忘れちゃうと、子ども達のキラキラが無くなっちゃうんです。


りょう先生の和太鼓教室では、保育園や幼稚園だけで無く、地域の子どものサークル等でも体験可能です。
場所は滋賀・京都・大阪でしたら先着1申込の団体様は特別料金となっております。
詳しくはHPをご覧になり、お気軽にお問い合わせ下さい。