.

映画『タケオ』の上映会を開催いたします

映画『タケオ~ダウン症ドラマーの物語~』の自主上映会を、滋賀県近江八幡市で開催いたします。
僕はこの映画に出会った時にとても胸が熱くなりました。可能性との出会いです。
太鼓の素晴らしさ、音楽の素晴らしさを感じました。

チラシ表

チラシ裏

【日時】
2015年3月22日(日)
11:00~12:30(午前の部)
14:00~15:30(午後の部)

【会場】
近江八幡市文化会館 小ホール
(滋賀県近江八幡市出町366番地)
TEL:0748-33-8111

【料金】
一般/1,000円 高校生以下/500円
(※当日300円増)

チケットお申し込み受付中です!

【お問い合わせ・お申し込み】
メール:info@ryo-wadaiko.com
電話:070-5672-9857



《映画紹介》
ダウン症ながらも、アフリカの楽器サバールやジャンベ、バラフォンをはじめ、ピアノやマリンバを演奏し、毎年コンサート活動を行う24歳の青年・新倉壮朗の姿を追ったドキュメンタリー映画である。1998年より各地でコンサート活動を行い、その演奏はパワフルで、熱く激しいステージは生きる喜びに溢れている。11歳の頃から太鼓を叩き続けているタケオは、アフリカンドラムの本場へ憧れを抱いていた。免疫力の弱いダウン症の為アフリカへの渡航は難しいといわれていたが、2008年に念願のセネガルへの渡り、同国の人間国宝でサバール奏者のドゥドゥ・ンジャエ・ローズとのセッションも果たす。
ダンスや絵画においても自由な表現で才能を発揮している。

主催:障がい児和太鼓チーム“かか太鼓”
(かか太鼓は近江八幡市を拠点に活動する障がい児の和太鼓チームです。上映会でオープニング演奏も行ないます)